スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
鉛の兵隊
2013-09-29 Sun 18:34
20130928-1.png

*あらすじ*

鉛の兵隊さんは生まれたときから一本足。
でもしっかりもので、一本足でもりりしく生きています。
兵隊さんは同じ部屋にいる、これまた一本足で健気に踊っている踊り子さんが好きでした。自分とは違って立派なお城に住んでいる踊り子さんだけど、せめて友達になれたらな、
と思っていつも見ていました。
鉛の兵隊さんは一本足なので、からかわれたりして
あるとき川へ流されてしまいます。絶対絶命。もう二度と踊り子さんには会えないのだと
それだけが残念でなりません。
兵隊さんは川の魚にのみこまれ、その魚は捕らえられて、台所で魚を調理する人に兵隊さんは発見されます。
再び元の部屋へ帰ってきた兵隊さん。そこには踊り子さんがいました。

もうすっかりボロボロになっている兵隊さんですが、二人は見つめあいました。
長い間見つめあいました。
と、子供がやってきておもむろに、兵隊さんを取り上げたと思うと
火の燃え盛る暖炉の中に放り投げてしまいました。
兵隊さんは酷く熱いと思いましたが、これが炎のせいなのか愛のせいなのか、わかりませんでした。
兵隊さんは踊り子を見ました。踊り子も兵隊さんを見つめました。
兵隊さんは自分が溶けていくのを感じました。
そのとき、部屋の戸が開き、勢いよく風が吹き込んできました。
その風にのって踊り子は舞い上がると、風の精のように
兵隊さんが燃えている暖炉の中にまっすぐと落ちていきました。

次の日、暖炉の掃除にきたメイドが、
ハートの形をしたなまりがひとつ灰の中に残されているのを見つけたそうです。

あらすじはこちらからお借りしました。
迷宮のアリアドネ
くるみ割り人形の制服を見てたらアンデルセンの童話【鉛の兵隊】を思い出しました。

でるとはバレエが大好きなので「着せてあげたい!」とでべがプレゼントしてくれました。
エモがバレエの動きを細かく再現していてすごく感動しました!
20130928-2.png

20130928-3.png
バレエの中で1番好きなのはくるみ割り人形
くるみ割り人形より 情景と雪片のワルツ ‐
くるみ割り人形が王子に変わって
クララとふたりで踊るシーンがロマンティックですごく好きですううう
くるみは他にもたくさんかわいい曲があって全曲おすすめしたいくらいですw
チャイコフスキー バレエ組曲《くるみ割り人形

ファミリーネームの【Pas de Trois】はバレエ用語で3人の踊りって意味なのですが
今は大家族で3人以上になっちゃいましたw
白鳥の湖第三幕 黒鳥のパ・ド・トロワ ‐

眠りの森の美女も素敵です。
眠りの森の美女 ウェディング・パドドゥ キーロフ ‐
やっぱバレエはロシアがいいなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | ふりぃでると | コメント:0 | ∧top | under∨
<<浪費 | でべとでるとのまびのぎにっき+ | 管理状況まとめ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| でべとでるとのまびのぎにっき+ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。